次は何を読もう?読みたくなる本の探し方!

わたしたちの生活とともにある、本。 通勤・通学のお供に、仕事や勉強の息抜きに、休日の楽しみに。 そんな本について、次に何を読もうと迷うことはありませんか? そんなあなたに、筆者自身が実践している読みたくなる本の見つけ方をご紹介! インターネッ…

【おすすめの小説】疾走 重松清

賛否両論ありの重松氏の話題作!人々の悪意や孤独を逃げることなく描き切った長編です!覚悟を持って読んでいただきたい、この小説は名作です。 あらすじ 孤独、祈り、暴力、セックス、殺人。誰か一緒に生きてください――。人とつながりたいと、ただそれだけ…

【おすすめの小説】きみの友だち 重松清

友だちってなんだろう?みんなってなんだろう?学生に社会人、周りとの関係に悩むあらゆるに人に読んでいただきたい、重松氏の傑作です! あらすじ わたしは「みんな」を信じない、だからあんたと一緒にいる――。足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃ…

【おすすめの小説】エイジ 重松清

重松氏の真骨頂。中学生時代のあの頃、息苦しかった友人関係や親子関係。そして、「自分」の発見。あの頃の感情や想いをリアルに切り取った青春小説! あらすじ ぼくの名前はエイジ。東京郊外・桜ヶ丘ニュータウンにある中学の二年生。その夏、町には連続通…

重松清氏の小説、おすすめ3選!

紹介 1963(昭和38)年、岡山県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。出版社勤務を経て執筆活動に入る。1991(平成3)年、『ビフォア・ラン』(ベストセラーズ、現在は幻冬舎文庫)でデビュー。著書は他に、『ナイフ』(新潮文庫、坪田譲治文学賞)、『定年ゴジ…

【おすすめの小説】岳物語 椎名誠

椎名親子の微笑ましく優しい物語。釣りにカヌーにアウトドアが趣味となった息子を優しく見守る椎名父。あらゆるお父さんにオススメです! あらすじ 山登りの好きな両親が山岳の岳から名付けた、シーナ家の長男・岳少年。坊主頭でプロレス技もスルドくきまり…

【おすすめの小説】わしらは怪しい探検隊 椎名誠

椎名隊長率いる探検隊!離島で、野営に大宴会、そして蚊の大群との死闘や大水泳大会。愛すべきお馬鹿さんたちの痛快記録。 あらすじ 離島でのきつい天幕生活に挑む会「東日本何でもケトばす会」の、結成当時の行状記。椎名隊長ほか隊員たちの個性が光る。前…

【おすすめの小説】哀愁の町に霧が降るのだ 椎名誠

愛すべきお馬鹿な若者たちのアパート一間の共同生活。お隣さんたちとの攻防や少しの労働、あとは、ただただ酒と飯を食らっての大宴会。椎名氏の痛快青春小説! あらすじ 東京・江戸川区小岩の中川放水路近くにあるアパート「克美荘」。家賃はべらぼうに安い…

椎名誠氏の小説、おすすめ3選!

紹介 1944(昭和19)年、東京生れ。東京写真大学中退。流通業界誌編集長を経て、作家、エッセイスト。「本の雑誌」編集長。『さらば国分寺書店のオババ』でデビューし、その後『アド・バード』(日本SF大賞)『武装島田倉庫』などのSF作品、『わしらは怪…

【おすすめの小説】幸せの条件 誉田哲也

OLが突然農家に?!働くとは何か、人生における幸せとは何か。主人公が農業を通じて見つけた答えとはー。働く全ての人にオススメです。 あらすじ 恋も仕事も中途半端、片山製作所勤務の「役立たずOL」梢恵に、ある日まさかの社命が下された―単身長野に赴き、…

【おすすめの小説】ロスジェネの逆襲 池井戸潤

半沢直樹シリーズ第3弾!知恵と度胸で、あらゆる逆境に立ち向かう、半沢の真骨頂!戦うサラリーマンたちに特大のカタルシスを! あらすじ 東京中央銀行の花形部署から子会社「東京セントラル証券」に飛ばされた半沢直樹。新天地で2か月が経つも、なかなか結…

なんで働いてるのだっけ?仕事にちょっと疲れてしまった!そんなに人にお薦め小説、3選!

はじめに 働くって楽ではないですよね。 朝夜電車に揺られ、納得のいかない理不尽に晒されることもあれば、好きでもない残業をしなければならないこともある。 どんな仕事でも疲れてしまうときはありますよね。 すこし立ち止まって深呼吸して、自分と仕事に…

【おすすめの小説】スロウハイツの神様 辻村深月

辻村深月氏の傑作!小説家に、脚本家、漫画家、映画監督、あらゆるクリエイター必見!他ならぬ「自分」のため、何かを生み出そうと一心に努力する彼らの悩みと成功の物語。 あらすじ 人気作家チヨダ・コーキの小説で人が死んだーーあの事件から10年。アパー…

【おすすめの小説】ぼくのメジャースプーン 辻村深月

現代版の「罪と罰」。罪を償うとは何か、罰するとは何か。心を傷つけられた大切な友人のために「特別な力」を持つ自分が悩み苦しみ出した答え、必見です! あらすじ ぼくらを襲った事件はテレビのニュースよりもっとずっとどうしようもなくひどかった――。あ…

【おすすめの小説】凍りのくじら 辻村深月

今をときめく辻村深月氏の人気作!ドラえもんを観て育ったみんなに!自分の特別さと普通さを受け入れる青春の物語。心を刺す彼女の語り口に、嵌っていくこと間違いなし! あらすじ 高校2年、芦沢理帆子――。「家に帰れば、本が読めるから」誰と話しても、本気…

辻村深月氏の小説、おすすめ3選!

紹介 みなさん、辻村深月氏をご存知だろうか。 1980年2月29日生まれ。山梨県出身。千葉大学教育学部卒業。2004年に『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。他の著作に『子どもたちは夜と遊ぶ』『凍りのくじら』『ぼくのメジャース…

【おすすめの小説】七つの会議 池井戸潤

伊藤萬斎主演映画「七つの会議」原作!会社の常識は世の非常識?!不祥事を隠す会社と、それを正そうとする男達の物語! あらすじ きっかけはパワハラだった! 会社の業績を牽引する稼ぎ頭のトップセールスマンであるエリート課長・坂戸宣彦。彼を社内委員会…

【おすすめの小説】空飛ぶタイヤ 池井戸潤

映画「空飛ぶタイヤ」の原作!実際の事件をモデルにしたリコール隠し事件。運送会社、メーカー、銀行、マスコミ。正義はどこに?!池井戸氏のエッセンスを詰め込んだ作品!! あらすじ 走行中の大型トレーラーが脱輪し、はずれたタイヤが歩道を歩く若い母親…

【おすすめの小説】下町ロケット 池井戸潤

ドラマ「下町ロケット」の原作!物作に関わる全ての人、必見!理想と現実に挑み続ける人々への応援歌! あらすじ 「お前には夢があるのか? オレにはある」研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。そ…

【おすすめの小説】不祥事 池井戸潤

ドラマ「花咲舞が黙ってない」の原作!すっきりしたい!そして、理不尽と戦うあなたにオススメです! あらすじ もう、黙ってられないっ。あなたたちの常識は、世間の非常識よ!「ベテラン女子行員はコストだよ」そう、うそぶく石頭の幹部をメッタ斬るのは、…

【おすすめの小説】オレたちバブル入行組 池井戸潤

ドラマ「半沢直樹」の原作!正しいことは正しく、戦うサラリーマン必見。すっきりしたい人にオススメ! あらすじ 話題沸騰のドラマ『半沢直樹』(堺雅人主演)原作! バブル期に大手銀行に入行し、今は大阪西支店融資課長の半沢直樹。支店長の命令で無理に融…

池井戸潤氏の小説、おすすめ5選!

紹介 池井戸潤といえば、今や映画にドラマに引っ張りだこの原作者。 その映画・ドラマもヒットして、押しも押されぬ有名小説家です。 池井戸 潤(いけいど・じゅん)岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。「果つる底なき」(講談社文庫)で江戸川乱歩賞、「鉄の骨」…

大人図書室 開室

ここに、大人図書室を設置します。 いつも、仕事に、遊びに、人間関係に大忙し。 身も心も疲れてしまって嫌になることが稀にある。いや、割とある。いやいや、よくある...。 「大人」が何かはわかりませんが、生きていくってちょっと大変ですよね。 図書室は…