【おすすめの小説】幸せの条件 誉田哲也

OLが突然農家に?!働くとは何か、人生における幸せとは何か。主人公が農業を通じて見つけた答えとはー。働く全ての人にオススメです。

f:id:otonatoshoshitu:20190217184917j:plain

あらすじ

恋も仕事も中途半端、片山製作所勤務の「役立たずOL」梢恵に、ある日まさかの社命が下された―単身長野に赴き、新燃料・バイオエタノール用のコメを作れる農家を探してこい。行く先々で断られ、なりゆきで農業見習いを始めた24歳に勝算はあるか!?働くこと、生きることの意味を問う、『ジウ』シリーズ著者による新境地。(「BOOK」データベースより)

 

ストロベリーナイトやジウなど、警察を主人公にした推理やサスペンス小説のイメージが強い誉田氏。

そんな彼が『幸せの条件』において、農業というテーマを通じて、働くことの意味や人の幸せとは何かを語ります。

 

主人公は、東京にある片山製作所で、何の目標や努力もなくただ与えられる事務仕事を日々こなす梢恵、24歳。

そんな梢恵に、社長から突然バイオエタノール燃料精製機械の実用化にむけて、米の作付け先を見つけてくるように社命が下ります。

農家と契約できるまでは帰ってくるなと社長に命じられ、長野の「あぐもぐ」という会社で農業を一から実施勉強することを求められます。

 

梢恵はこれに対して云います。

「私はこれでも片山製作所の社員です。だったら、片山製作所の利益になる仕事をするのが筋じゃないですか」

「契約を取れるという保証はありません。タダ働きさせられて終わりって可能性だってあります。

「私の仕事はそんなことじゃありません。私の仕事はここで…」

 

社長は、梢恵の必死の抗弁について、長野に行きたくない理由は、単純に農業をやるのが嫌で、今の楽な仕事で適当に給料をもらいたいだけだとバッサリ。

また、今の梢恵の仕事は誰でも代わりの効くものであるともハッキリ言われてしまいます。

 

ご傷心のなか、彼氏からも距離を置かれて、さらにご傷心。

 

そんな梢恵が、新しい仲間と農業をしながら、一体何に気がつくのか。どのように成長するのか。

そして、幸せとは何かー。

農業と仕事を通じて語られる、ストーリーと人々の機微や成長に思わず感じ入ってしまう、そんな素敵な作品になっています。

 

一押しのポイント

まずは農業。

なかなか一つの仕事として農家が、小説のテーマに上がることは多くありません。

そんななかでこれまで警察小説などを中心に扱ってきた誉田氏が、こちらでも一つの良作を生み出しました。

田の耕起から収穫、ジャガイモやキューリの作付け。農家の大変さや強みを初め、日本の農業政策や食料自給率、後継者問題、無農薬栽培。

そして、東日本大震災に伴う放射能汚染によって、稲の作付制限区域に指定された親戚など。

物語のなかに、いまの日本の農業と農家についてたくさんのことが丁寧に描かれています。

 

個人的には、あぐもぐで作った新米や野菜を食べるシーンがとてつもなく美味しそうに感じました。

思わず、ふるさと納税を利用して、野菜の詰め合わせセットがもらえる自治体に寄付をしてしまいました。

とても美味しかったです。

みなさんもどうぞお試しあれ。

 

また、物語の主軸にあったのは、梢恵の成長でしょう。

元々、事務方の仕事に何ら目標もなく、その他の仕事には興味もありませんでした。そのために、役立たず呼ばわりもされたり。

当初、片山製作所社長はそれを梢恵自身のせいと言いますが、きちんと理解はできませんでした。

ただ、あぐもぐで農業の手伝いを始め、農業の難しさや大変さを身をもって学び、徐々にその魅力もわかってきます。

そして、多くの人の協力を得ながら、バイオエタノール用の稲の作付けの契約にも成功。

その中で、段々と他の仲間から必要とされていると感じるようになったと語る梢恵。

 

これに対して、それでも社長は言います。

「いや、違うな。本当は、お前は必要となんてされていない・・・本当に必要とされる人間なんて、その役がその人でなくちゃいけない理由なんて、実際には、大してありゃしないんだ。」

そして続けます。

「大切なのは、誰かに必要とされることなんかじゃないんだ。本当の意味で、自分に必要なのは何か…それを、自分自身で見極めることこそが、本当は大事なんだ・・・この会社がお前を必要としなかったんじゃない。それ以前に、お前が本当の意味で、この会社を必要としてこなかったんだ。お前は、お前自身が必要とする生き方を見つけてきた。・・・自分はこうやって生きていきたい。これをやって暮らしていきたい。生きるって、実はこういうことなんじゃないか」

 

どんな仕事であっても誰であっても、自分の代わりなどはいるのです。

それでも、自分がやりたいことを自分の意思で選択してやっている、と感じることが生きる上での幸せだと語るのですね。

仰る通りかと思います。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

農業の小説に興味のある方はもちろん、ストーリーも面白く娯楽小説としての完成度も非常に高いです。

そして、何より仕事ってなんのためにやっているのだったかわからなくなってしまった方、転職を検討している方にも、おすすめの作品になっています。

余談ですが、食べ物が美味しそうに見える小説はどれも幸せに読めますね。

ぜひ、読んでみてください。