【おすすめの小説】ロスジェネの逆襲 池井戸潤

f:id:otonatoshoshitu:20190217190455j:plain

あらすじ

東京中央銀行の花形部署から子会社「東京セントラル証券」に飛ばされた半沢直樹。新天地で2か月が経つも、なかなか結果の出せない半沢に、大きな案件が舞い込む。IT企業の雄「電脳雑伎集団」が、ライバルの「東京スパイラル」のM&Aを画策しているのだ。これにアドバイザーとして食い込めれば莫大な手数料が見込める。 半沢らが本格的に乗り出した矢先、アドバイザー契約が横合いからかっさらわれた。「敵」は東京中央銀行証券営業部。親会社が子会社の大口案件を横取りしたのだ。責任を問われた半沢の地位は危なく揺らぐことになった。 ――やられたら、倍返しだ。 世をすねたロスジェネ世代の部下・森山とともに半沢は立ち上がる。

(「amazon」より)

 

あの半沢直樹シリーズの第3弾。

現在、下記の順番で発行されている同シリーズ。

  1. オレたちバブル入行組
  2. オレたち花のバブル組
  3. ロスジェネの逆襲
  4. 銀翼のイカロス

物語は一巻ごとに完結しており、どこから読んでも置いてきぼりになることはありません。ただ、順番に読むことで半沢という男のことをより知ることができるのではないかと思います。

 

本作はシリーズの中でも半沢の真骨頂が一番発揮される作品です。

知恵と度胸で、あらゆる逆境に立ち向かう。そんな姿に胸が熱くなります。

 

1−2作目で派手に東京中央銀行内を暴れまわった半沢ですが、行内での熱を冷ますために、子会社の東京セントラル証券に出向を命じられます。

東京中央銀行から腰掛けのつもりで来たのではないかというセントラル証券内での観測に晒される一方で、証券に飛び込んだ大型M&A案件は出向元で親会社である銀行に掠め取られるという散々な目に。

そんな筋の通らないことはあるかと、不貞腐れる部下と半沢を叱責する社長。

そんなときひょんなことから、M&Aの買収先である東京スパイラルからアドバイザーを要請されることに。

 

M&Aの買収元のアドバイザーにつく東京中央銀行と、買収先につくセントラル証券と半沢。

真っ向から対立する両者。

ドラマで火のついたあの台詞「やられたら、やり返す、倍返しだ」、これを全身で体現する姿、必見です。

 

一押しのポイント

逆転のストーリーもさることながら、本作での注目は、半沢の口から語られる仕事への姿勢です。

 

セントラル証券で半沢の部下のひとりである森山は、自らをロスジェネ世代と云います。

ロスジェネ世代とは、バブル崩壊後の就職氷河期に就職活動をすることになった年代のこと。

森山は自分には能力がありながら、不遇な時代のせいで自分の思う会社に就職ができなかったという想い、そして、能力のない人物の元でそんな自分が働かなければならないという想いを抱えています。

 

彼は上司たる半沢にこう言い募ります。

「バブル世代は余裕じゃないですか。・・・チョー楽な就職をして、なんの特技もないのに一流企業で余裕ぶっこいているというか……」

 

これに対しては、世代論は自分たちの時代にもあったとした上で、

「君たちがバブル世代を疎んじているように、オレたちは団塊の世代が鬱陶しくてたまらないわけだ。だけど、団塊の世代の社員だからといって、全ての人間が信用できないかというと、そんなことはない。逆に就職氷河期の社員だからといって、全て優秀かといえば、それも違う。・・・どんな世代でも、会社という組織にあぐらを掻いている奴は敵だ。内向きの発想で人事にうつつを抜かし、往々にして本来の目的を見失う。そういう奴らが会社を腐らせる。」

 

物語の終盤。

どんな世の中であれば良いのか、どんな会社組織が良いのか、こうすればいいという枠組みを持っているのかと部下の森山は半沢に問いかけます。

 

「枠組みといえるほどのものはない。あるのは信念だけだ。・・・正しいことを正しいといえること。世の中の常識と組織の常識を一致させること。ただ、それだけのことだ。・・・仕事は客のためにするもんだ。ひいては世の中のためにする。その大原則を忘れたとき、人は自分のためだけに仕事するようになる。自分のためにした仕事は内向きで、卑屈で、身勝手な都合で醜く歪んでいく。」

 

世代論を盾にして不貞腐れ、会社の中の不合理から目を背けるのではなく、不合理とはあくまで戦うことを求めるのです。

彼の生き様を読んできただけに、語られる言葉にも重みが感じられます。

 

最後に

信念を曲げずに戦い抜く姿に、読者は皆心を奪われたことでしょう。

そして、中野渡頭取の半沢に向けた賛辞の言葉と辞令。これにはぐっときましたね。

個人的に、本作の飲みシーンを飲むうちに飲みたくなり、ふるさと納税でビールを頼んでしまいました。

ひとつビールでも片手に本作をまた読み返したいものです。