なんで働いてるのだっけ?仕事にちょっと疲れてしまった!そんなに人にお薦め小説、3選!

はじめに

働くって楽ではないですよね。

朝夜電車に揺られ、納得のいかない理不尽に晒されることもあれば、好きでもない残業をしなければならないこともある。

どんな仕事でも疲れてしまうときはありますよね。

 

すこし立ち止まって深呼吸して、自分と仕事についてちょっと考えてみませんか?

そんなときにお薦めの物語をご紹介!

 

お薦め

ロスジェネの逆襲

東京中央銀行の花形部署から子会社「東京セントラル証券」に飛ばされた半沢直樹。新天地で2か月が経つも、なかなか結果の出せない半沢に、大きな案件が舞い込む。IT企業の雄「電脳雑伎集団」が、ライバルの「東京スパイラル」のM&Aを画策しているのだ。これにアドバイザーとして食い込めれば莫大な手数料が見込める。 半沢らが本格的に乗り出した矢先、アドバイザー契約が横合いからかっさらわれた。「敵」は東京中央銀行証券営業部。親会社が子会社の大口案件を横取りしたのだ。責任を問われた半沢の地位は危なく揺らぐことになった。 ――やられたら、倍返しだ。 世をすねたロスジェネ世代の部下・森山とともに半沢は立ち上がる。

(「amazon」より)

 

あの半沢直樹シリーズの第3弾。

現在、下記の順番で発行されている同シリーズ。

  1. オレたちバブル入行組
  2. オレたち花のバブル組
  3. ロスジェネの逆襲
  4. 銀翼のイカロス

物語は一巻ごとに完結しており、どこから読んでも置いてきぼりになることはありません。ただ、順番に読むことで半沢という男のことをより知ることができるのではないかと思います。

 

本作はシリーズの中でも半沢の真骨頂が一番発揮される作品です。

知恵と度胸で、あらゆる逆境に立ち向かう。そんな姿に胸が熱くなります。

 

1−2作目で派手に東京中央銀行内を暴れまわった半沢ですが、行内での熱を冷ますために、子会社の東京セントラル証券に出向を命じられます。

東京中央銀行から腰掛けのつもりで来たのではないかというセントラル証券内での観測に晒される一方で、証券に飛び込んだ大型M&A案件は出向元で親会社である銀行に掠め取られるという散々な目に。

そんな筋の通らないことはあるかと、不貞腐れる部下と半沢を叱責する社長。

そんなときひょんなことから、M&Aの買収先である東京スパイラルからアドバイザーを要請されることに。

 

M&Aの買収元のアドバイザーにつく東京中央銀行と、買収先につくセントラル証券と半沢。

真っ向から対立する両者。

ドラマで火のついたあの台詞「やられたら、やり返す、倍返しだ」、これを全身で体現する姿、必見です。

 

 

books.usuke.net

 

 スロウハイツの神様

人気作家チヨダ・コーキの小説で人が死んだーー

あの事件から10年。
アパート「スロウハイツ」ではオーナーである脚本家の赤羽環とコーキ、そして友人たちが共同生活を送っていた。
夢を語り、物語を作る。
好きなことに没頭し、刺激し合っていた6人。
空室だった201号室に、新たな住人がやってくるまでは。

 

辻村氏の5作品目にあたる本作は、文庫版で上下2巻にわたる長編。

これまでと趣が異なり、「すこし不思議な」物語ではありません。

まっすぐに前を見つめて、まっすぐに歩もうとする、「ひと」のお話です。

 

舞台は、スロウハイツというアパート。

あの手塚治虫氏や藤子・F・不二雄氏などが創作活動で同居していた「トキワ荘」のように、脚本家や小説家、漫画家、映画監督などのクリエイターを目指す若者たちが、ハウスシェアをして共に暮らします。

そんな彼らが心を削って、何を成し遂げるのか。その過程で何を思うのか。

生きていくって簡単ではないけれど、夢を叶える過程もすぐには見つからないけれど、どれも自分のための道。

彼ら一人一人の生き様に、胸を打たれてみてください。

 

なお、辻村氏の著作で、映画化やドラマ化されるのが最も早いのはこの小説なのではないかと予測しています。また、「凍りのくじら」の芦沢理帆子が登場するのも、ファンにとっては嬉しいところです。

 

books.usuke.net

 

幸せの条件

恋も仕事も中途半端、片山製作所勤務の「役立たずOL」梢恵に、ある日まさかの社命が下された―単身長野に赴き、新燃料・バイオエタノール用のコメを作れる農家を探してこい。行く先々で断られ、なりゆきで農業見習いを始めた24歳に勝算はあるか!?働くこと、生きることの意味を問う、『ジウ』シリーズ著者による新境地。(「BOOK」データベースより)

 

ストロベリーナイトやジウなど、警察を主人公にした推理やサスペンス小説のイメージが強い誉田氏。

そんな彼が『幸せの条件』において、農業というテーマを通じて、働くことの意味や人の幸せとは何かを語ります。

 

主人公は、東京にある片山製作所で、何の目標や努力もなくただ与えられる事務仕事を日々こなす梢恵、24歳。

そんな梢恵に、社長から突然バイオエタノール燃料精製機械の実用化にむけて、米の作付け先を見つけてくるように社命が下ります。

農家と契約できるまでは帰ってくるなと社長に命じられ、長野の「あぐもぐ」という会社で農業を一から実施勉強することを求められます。

 

梢恵はこれに対して云います。

「私はこれでも片山製作所の社員です。だったら、片山製作所の利益になる仕事をするのが筋じゃないですか」

「契約を取れるという保証はありません。タダ働きさせられて終わりって可能性だってあります。

「私の仕事はそんなことじゃありません。私の仕事はここで…」

 

社長は、梢恵の必死の抗弁について、長野に行きたくない理由は、単純に農業をやるのが嫌で、今の楽な仕事で適当に給料をもらいたいだけだとバッサリ。

また、今の梢恵の仕事は誰でも代わりの効くものであるともハッキリ言われてしまいます。

 

ご傷心のなか、彼氏からも距離を置かれて、さらにご傷心。

 

そんな梢恵が、新しい仲間と農業をしながら、一体何に気がつくのか。どのように成長するのか。

そして、幸せとは何かー。

農業と仕事を通じて語られる、ストーリーと人々の機微や成長に思わず感じ入ってしまう、そんな素敵な作品になっています。

 

books.usuke.net

 

最後に

大人になったら仕事するー。小さい頃はそれが当たり前のことだと考えていた方も多いのではないでしょうか。

もちろん仕事をするのは生きていくために必要なことなのですが、生きていくのにお金がかかるという感覚や仕事それ自体の大変さって、就職して初めて理解できたように思います。

ただ、そのうちに、自分が何のなために仕事をしているのか、どんなことを思ってこの仕事を選んだのか、この先にどう生きていきたいのか、そんなことがわからなくなってしまうこともあると思います。

自分を見つめ直す上での、上記3作品。

おすすめです。