【おすすめの小説】きみの友だち 重松清

友だちってなんだろう?みんなってなんだろう?学生に社会人、周りとの関係に悩むあらゆるに人に読んでいただきたい、重松氏の傑作です!

f:id:otonatoshoshitu:20190321184440j:plain

あらすじ

わたしは「みんな」を信じない、だからあんたと一緒にいる――。足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんは、ある事件がきっかけでクラスのだれとも付き合わなくなった。学校の人気者、ブンちゃんは、デキる転校生、モトくんのことが何となく面白くない……。優等生にひねた奴。弱虫に八方美人。それぞれの物語がちりばめられた、「友だち」のほんとうの意味をさがす連作長編。

(「BOOK」データベースより)

 

友だちの意味を巡る物語ー。

人は一人では生きていけないとはいうけれど、みんなと仲良くしなさいって大人は言っていたけれど、本当にそうなのでしょうか?

友たちがたくさんいるってそんなに大事でしょうか?

誰かと共に時間を過ごすことだけが良いことなのでしょうか?

 

中学生に高校生、大学生に、社会人。

全ての人に立ち止まって読んでいただきたい。

「みんな」に追い詰められ苦しみ、辛い想いをする必要はありません。

無理に笑って、無理に会話をする必要もありません。

本当に大事なことは何なのか、「恵美ちゃん」は無愛想に、でも優しく、教えてくれます。

 

人間関係に疲れたすべての人に力と指針を与えてくれる、そんな物語になっています。

あなたの心に大切な一冊になるのではないでしょうか。

 

一押しのポイント

交通事故で片足の膝下が永遠に動かなくなった少女、恵美ちゃん。 

事故は、下校時の急な雨に、恵美ちゃんだけが持っていた傘に”友達”が集まってきて、煩わしくなったて傘から出た時に、起こりました。

彼女は、その友達数人を弾劾したことで、友達の全てを失います。

そこから、彼女は「みんな」を信じることをやめました。

きみは「みんな」を信じないし、頼らない。一人ひとりの子悪くない。でも、その子が「みんな」の中にいるかぎり、きみは笑顔を向けない。

 

物語は、彼女と彼女の親友である由香ちゃんを中心として、たくさんの個性を持った家族やクラスメートが1話ずつの主人公を務める連作長編。

「友だち」とは何なのか、「みんな」って何なのか。

彼らが悩んで苦しんで、自分のひとつの答えを見つけるたびに、心の重石をひとつ下ろしていくような心持ちになります。

 

一押しは、みんなから面白がられるのが好きで、クラスの”有力者”の太鼓持ちの、堀田ちゃん。

八方美人で弱虫のこのタイプ、クラスに一人はいますよね。

友人グループ内の”戦争”に、平和主義で日和見主義な堀田ちゃんも巻き込まれ、ひょんなことから”戦争”は、「みんな」v.s.自分一人の構図に。

外された堀田ちゃんは、恵美ちゃんと由香ちゃんと久しぶりに話しますが、そこでも相手を喜ばせようと芸をしてみせます。

恵美ちゃんはこれをバッサリ。

「さっきの芸、全然つまんなかったよ・・・

ヘたっていうか、おもしろくなかった、なんか嫌だった・・・

自分がつまんないんだったら、やめちゃえばいいのに」

その後、案外簡単に”戦争”は終結します。それは、他の”戦争”が発生したから。

そこで、堀田ちゃんはこう思うわけです。

みんな、くっついていても、ほんとうは「ぼっち」なんだと思う。

みんなぼっちーひとりぼっちより寂しいかもしれない、これ。

 

「みんなぼっち」とは重松氏の造語です。

「みんなそう言っている」って、みんなって誰のことだろう。

そんなことを考えたことはありませんか?

「みんなそう言っている」という言葉は、実は「自分の周りにいる数人はそう言っていると自分は認識していて、また、それに従わせたい」というのが正確なところです。

「みんな」に隠れて、あるいは「みんな」の目を気にして、でもそれぞれが実は自分のことばかり考えていて。そのことを、みんなといるのに寂しく心が通わない「みんなぼっち」と表現する重松氏の言葉選びのセンスに脱帽です

最後に

大切に思う人と一緒にいること、相手が喜んでくれることをすること、いずれも素敵なことだと思います。その相手を「友だち」と呼ぶことも素敵だと思います。

ただ、自分は自分、他人は他人です。

「みんな」がではなく、自分がこうしたい、こうしてほしいと堂々と言えるようにいたいですね。

恵美ちゃんのように、強くありたいものです。

 

books.usuke.net